I Love Family 松戸市の工務店 子育て世代の家づくり

2015年3月12日

 

幼稚園へ行く前に息子と現場へ。

年配の職人さんが孫のような年の息子に、

「幼稚園早く帰ってきて、仕事手伝え~」と。

なんだか、先代を思い出す。

 

 

 

 

どの分野でも、時代と共に手作りから工場生産へ動いている中

こうした手間や時間をかけた、職人さんたちの手仕事の技術が

私たちの家づくりを支えてくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も、丁寧できれいな仕事をしてくれて

ありがとうございます。

松戸市・柏市・流山市で高断熱、高気密住宅FPの家。自然素材で健康に良い家を造る。
株式会社 石井建設工務店

2015年3月10日

 

 

弟の結婚式。

 

先代であるおじいちゃんと、母の方のおばあちゃんも

 

やさしい笑顔で見守ってくれていました。

 

私も親ごころで見ていたので、赤ちゃんのころ本当によく泣く子だった息子を思い出しました。

母親になりたての私も育児に慣れていなくて、毎日大変だったけど

もっと泣かせて、もっともっと甘えさせてあげればよかったかな。そう思いました。

 

とくに男の子は、大人になるにつれ人前で泣けなくなるのだろうから。

 

 

弟も父も

立派でした。

 

 

まもなく5歳になる我が息子に、

「感動するってどういうことか分かる?」と聞いてみたところ

 

「涙が出ちゃうってこと・・」という答えが。

もうわかるんだね。気持ちがあふれ、涙が出るという感情を。

 

嬉しくても、涙が出るという感情を知ってくれた息子の成長。

それは素敵なことだね。大人になっても恥ずかしがらずに泣いてもいいんだよ。

 

そして、やっぱり孫やひ孫の結婚式まで両親には元気でいてほしい。

 

そんなことを思い、涙した素敵な式でした。

松戸市・柏市・流山市で高断熱、高気密住宅FPの家。自然素材で健康に良い家を造る。
株式会社 石井建設工務店

2015年3月6日

 

昨日から、キッチンの工事を。

 

我が家は、「キッチンハウス」のキッチンを採用しました。

ショールームでひとめぼれのキッチンを、迷うことなく。

 

フローリングが決定してから、再度ショールームにて

面材の色や詳細を決定していきました。

担当者のT氏は長い付き合いがありますが、趣味や好きなものの傾向が似ていて

我が家のイメージしているものをすぐに理解してくれるので

打ち合わせもとてもスムーズでした。

家づくりにおいて、こういった「出会い」とても重要なことだと思います。

 

一生に一度の家づくりには、いろいろな人が関わり、

住む人、(施主)と作る人が共に悩み考えながら作っていくもの。

 

迷いや想いを同じキモチで受け止めてくれるスタッフに恵まれていること、

そんな想いをカタチにしてくれる職人さん。

 

そのおかげで妥協することのない選択をしていくことが出来ました。

 

改めて、お施主様方には楽しんで家づくりを進めてほしいなと思います。

 

 

松戸市・柏市・流山市で高断熱、高気密住宅FPの家。自然素材で健康に良い家を造る。
株式会社 石井建設工務店