I Love Family 松戸市の工務店 子育て世代の家づくり

2019年1月28日

 

 

学校から帰宅すると、そのまま2階のリビングへ「ただいまー」 

(写真は1年生の時の長男)

 

我が家では子供たちの身の回りのもの、教科書、宿題…全てリビングで完結しています。

私がキッチンに立っていても、洗濯物をたたんでいても、

“ながら作業”をしつつ、顔を合わせて声掛け。

リビングに子供のスペースを作ることは、私にとっても好都合。 

 

階段を上がってくる足音で、いいことあったのかな?とか

ただいまーの声。

なるべく後回しにしないで、声のトーンや表情を見逃さないように、

何気ない会話の中でも、子供たちの変化を感じ取れたらと思っています。

 

 

 

いつもハデに転んだり、靴下も泥だらけで帰ってくる次男においては、

今日もよく遊んだね^^;と、カバンや帽子を定位置に戻す手助けと声掛け。

 

子供は「片づけなさい」では片づけの仕方が分かりません。

子供の目線で簡単に戻せる場所をつくり、教えてあげると、

お片付けと身支度が自然と出来るようになります。

リビングで過ごす時間が長いほど、

コミュニケーション能力を育んでくれる気がします。

 

自然と家族が集まる間取りと片づけの工夫を

ご一緒に考えていければと思います。

 

なんでも相談会でも、

間取りや整理収納について、お気軽にご相談ください。

松戸市 高断熱、高気密住宅FPの家。自然素材で健康に良い家を造る。
株式会社 石井建設工務店