高断熱、高気密住宅FPの家。松戸市、柏市、流山市で自然素材で健康に良い家を建てるなら千葉県松戸市の株式会社石井建設工務店。

株式会社石井建設工務店

松戸で工務店を営む3代目ブログ

「FPの家」についてはこちら↓

2018年3月8日

今回こちらの現場はモルタル壁になります。

透湿防水シートと胴縁の施工後にこのようにモルタル下地用に

木摺り板を永遠と張っていきます…笑

 

写真で見えている赤のスプレーは電線がある位置をマーキングしています。

基本、FP工法は外部に面しているコンセント部分などの電線は外側に通しています。

極力、断熱材への欠損を減らすためです。

この次に入ってくる業者さんに注意を促すためにマーキングしているのです。

このお宅は通常のサイズの二倍くらいの面積なので今回は久々に私ともう一人助っ人

を呼んで3人掛かりで下地を張りを行いました。笑

 

 

 

最近ではボード系の下地や一層無塗装のサイディングを貼ってその上に

モルタルを施工する方法もあり工期短縮も出来るのですがやはりボード系の下地

などは私の中で割れやすい印象があり、昔ながらのこのやり方で行っています。

手間は掛かりますが、良い方に、良い方にと考えます。

 

現場でやはり汗を流すのは最高ですね~笑

 

そして本日、先日、地鎮祭があった現場へ雨でしたが朝に行って、竹ややっぱり

不要になった石などを回収しにいきました。

 

 

 

石…すごく重い。笑

 

そして結果的に地盤改良が必要になってしまったんですが。

今度は改良日程の予定との戦いです。上棟日程やら色々と悩ましい事が出てきてしまい

私は最善の策を取って上げたいのでまだ諦めません。

 

キャンセル待ちを狙って早くやりたい…

 

人や物や天気など全てを背負う建築っていうのは中々悩ましいです…笑

 

 

 

 

松戸市 高断熱、高気密住宅FPの家。自然素材で健康に良い家を造る。
株式会社 石井建設工務店

  1. HOME
  2. 松戸で工務店を営む3代目ブログ