高断熱、高気密住宅FPの家。松戸市、柏市、流山市で自然素材で健康に良い家を建てるなら千葉県松戸市の株式会社石井建設工務店。

株式会社石井建設工務店

松戸で工務店を営む3代目ブログ

「FPの家」についてはこちら↓

2018年2月1日

2月1日、本日は天赦日でした。

天赦日とは年に5~6回あるかないかのお日柄の日です。

つまり最強な日ですね…笑

 

私が婚約した時も天赦日を選びました。

そして妻が財布をプレゼントしてくれました。財布の新調にも向いているお日柄なんですよね。

大事に使いたいと思います。前の財布も7~8年使ったかな。

有難うございます。大事にします)^o^(

 

さて、先日上棟した現場は屋根の下地が終わり

 

 

 防水紙もOK

 

これで雨は大丈夫、屋根屋さんの仕上げを待とう…と思いきや

雪マーク。

本日私の予定を変更してブルーシートを掛けるのを手伝いに急遽…

 

防水紙の上に雪が乗ると除雪も大変だし、凍りそうだし

降らなかったら意味ないけど降られたら大変になるから掛けに行きました。

自然と戦う仕事でもある。

ま~今日は天赦日だからきっと良い事ありますよ。

とりあえず建築っていうカテゴリーを楽しもう笑

 

 

現場からスカイツリーと

 

 富士山が見える事を発見した。

残念ながらこの階層まで行かないと見れない…

 

FPパネルをはめ込んだ後に木枠部分と柱(構造体)に釘打ちしていきます。

これぞただはめ込むだけではなく固い断熱材と構造体が融合する事で耐震壁に

なってしまう。もはや鬼に金棒パネルだと思っている。

 

 

 

 

断熱パネルでこうした利点まで使用するだけで様々な事が出来るのはこのパネル以外は

今だに私の中で超える物はないので弊社も20年以上お世話になっている証拠♪

 

そして気密処理も

 

 

大事なのは後から変更出来ない箇所にウェイトを持っていくかで家の寿命

は大きく左右されるし。机上の数値などが絶対ではないという事でしょう。

先日お宅見学された方からもいつわりのない暖かさだと言われました。

エアコンの設定温度なども考慮して言われたんでしょう。

体感具合が今までで一番ですと言われこちらも嬉しかったです。

 

弊社の手掛ける家は燃費が良いです。つまり冷暖房効率や創エネの部分でも

相性ばっちり。創エネの部分は私はアンチよりですが。でも付帯する設備やメカメカ部分というのは基本後付け出来る

部分が多いのです。

ですのでどういう視点で物事の尺度を測れるのかが重要です。

極端にお金を持っていれば更に付加断熱してメカメカ設備も搭載してデザインにも力を入れて

最高峰な家造りなんてやろうと思えば出来ます。でもそれは限られると思いますので。

どこが最低ラインにするかの線引なんだと思います。これには目先の事だけではなく長く考えれば分かる事もあると

思います。

 

よくご説明するのが今の家よりは暖かくなるならばあんまりこだわりませんなど言われてしまう事もありますが。

それは説明したら考え方が変わる方がほとんどですね。暖かさの他に色んな事があるのです。

 ローコスト住宅などは性能最低限でデザイン性で売っている所がほとんどで一般の方が食いつきやすいです。

つまり良い事はでかく。実はバランスが偏っている事が多いと感じます。

急がされるようにうまく言われてしまえばお客さんは分かりません…

弊社は理解力のある方とお仕事をさせて貰えれば嬉しいので押し売りなど営業電話など一切しません…笑

 他も見て下さいまで言います。

 

現在省エネ法改正により断熱仕様なども厳しくなってきてるので今までそうではなかった家の値段は間違いなく上がって

いくでしょう。

それに伴い急激に間違った断熱工事なども増えて行く事でしょう…

断熱材をはめて、気密取って、しっかり換気もして。この3点です重要なのは。

これが言葉を並べるとすぐ終わりですが、実際にこれを融合させるには簡単ではありません。

本当は怖い時代に突入していると感じます。

 

 OB施主様…また同じ事言っているよと思わないで下さい 笑

たまには真面目に訴えときますので)^o^(

 

 

 

 

 

松戸で工務店を営む3代目

 

 

松戸市 高断熱、高気密住宅FPの家。自然素材で健康に良い家を造る。
株式会社 石井建設工務店

  1. HOME
  2. 松戸で工務店を営む3代目ブログ