高断熱、高気密住宅FPの家。松戸市、柏市、流山市で自然素材で健康に良い家を建てるなら千葉県松戸市の株式会社石井建設工務店。

株式会社石井建設工務店

松戸で工務店を営む3代目ブログ

2015年11月28日

頻繁に更新はしているのですが更新していないと

元気ですかと連絡くれる方がいます)^o^(

嬉しいですね。

さて、先日はFPの会議の後で忘年会で立ち寄ったお店

小松屋さん♪中々、予約が取れないみたいで人気店です

 

熟成肉を使用しています。最近熟成肉って流行りなんですかね?

あまり詳しくないのでわかりませんがお肉食えるだけ幸せなので。

 

うまかった…燃え尽きた

 

今週移動距離が結構ありましたね。

ノーリツさんのユニットバスの工場見学で土浦の方行ってみたり。

ノーリツさんといえば給湯機器メーカーなのであんまりぱっとしなかったのですが。

現在進行中の施主さんも採用されてるので工場から見学してみたくなり。

行ってみました。印刷技術じゃ他社メーカーはまだ勝てなそうだな。

メーカーなのにちゃんと部材事に生産ではなく一邸、一邸、生産管理されていました。

 

 

 

 熱く想いを語る工場の方。実際に生産や開発に携わっている方の話を

生で聞くという事がやはり大事ですね。自分が持っていた物差しの測り

具合がかなり変わります。

他社に出来ない所、一手間加えてる所、なんでもあたり前と思うから

なんか違う点が発見できると好きになれるし採用したくはなりますよね。

私達もこの点では共通で、実際に目で見て感じてもらったり、なんか違う

所などをお話していく過程が大事だと思っております。

資料や写真じゃ伝わらないよねっていうのはここです。

写真や言葉の文章なんてよくしようと思えば変な話、表現方法によればいくらでも…

見学やお話はお金掛かりませんからね笑

まずはこの一歩が家造りに悩んでる方に必要不可欠ではと思います。

 

このパネルすげー♪

 

 番外編

 

本日は流山市で進行中の施主さんのご両親様が現場に来ていました。

どうやら私のブログを見ているらしいのですが先日、話題に上げた

外壁のフルメタルボディーを見に来ましたと言われ。

自分で書いておきながらその言葉をそのまま言われてみると恥ずかしくなりました。笑

お元気そうでなによりでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松戸市・柏市・流山市で高断熱、高気密住宅FPの家。自然素材で健康に良い家を造る。
株式会社 石井建設工務店

2015年11月15日

 

スペインのサグラダファミリアが2026年完成という事で(ホントかどうかしりません)

今完成動画が凄すぎると話題になっているそうですね。

 

私も学生の時にお勉強で行きましたが圧巻のスケールと神秘的な彫物に驚きましたね。

 

 

 

やっぱ写真や言葉で分からない事ってすごく刺激あるし経験出来ないのは

勿体ない事ですよね。

今は中々時間取れないし、機会がないですがもう一度行こうとは思っています。

実際に物造りの環境で仕事しての感じと当時の想いはまた違うので恐らく、感動して

涙がでるかもしれません…笑 学生の頃なんてのは能書き勉強なので

たくさんの人などの想いを知ってる今なら何か違う景色が見れるのではと思います。

 

 

番外編1

大嫌いな冬になって南国のモルディブをイメージしてたら…

 

 

こんな所で落ち着いて食えるかい!笑

 

番外編2

 

絶対うちの叔母もジェダイの何か持ってると思う

 

 

たまにこういう人いますよね)^o^(

 

松戸市・柏市・流山市で高断熱、高気密住宅FPの家。自然素材で健康に良い家を造る。
株式会社 石井建設工務店

2015年11月14日

流山市で進行中のお宅で今回初採用となったスマートブリックさんの

下地段階

胴縁の上にシートが張られレールが取り付けられています。

弊社でも煉瓦の施工は以前から前例はありましたがこの工法は初となりました。

 

フルメタルボディー 笑

 

良い仕事してるぜ中村さん♪

 

ワイドに設計した階段

 今回はメイプル

 

マニアにはわかると思うけどこの階段材にしろカウンター材にしろ

普通の集成カウンターなどと比べるとかなりレベル高いと自信あります。

いつも有難うございます谷田さん♪

 

そんななんか普通と違うよねって所を頑張ってます。

 

無垢の集成材なのですがどうでしょう継ぎ目がほとんどわかりません。

段板の裏側の様子 溝が掘ってあります。

蹴込み部分の下地が刺さるように寸法なども特注して頼んでいます。

 

 

 

 普通の集成の集成カウンターの様子

 

 

 どうでしょう?この差

 

これらは繊維方向なども不揃いなので切断は出来ますが加工機

にかけるとこのレベルくらいの物はバリバリになってしまいます。

後から加工したりなどが出来ません。

無垢の集成ならば削って後から微妙なニュアンス調整などの対応も可能なのです。

 

そのため窓枠材などにも使えます、見付けを抑えたり床材に近い物を合わせたり。

各現場のイメージで違いますので採用する現場はこれらを使う事もあります。

 

木をさりげなくモクモクしないように使います♪

 

きずかれなくても良い話なんですがなんか違うなって思われるくらいがいいですね)^o^(

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松戸市・柏市・流山市で高断熱、高気密住宅FPの家。自然素材で健康に良い家を造る。
株式会社 石井建設工務店

  1. HOME
  2. 松戸で工務店を営む3代目ブログ